頑張って肌ケアをしても乾燥が改善されないのはなぜ?

どうして頑張って肌のケアをしても、カサカサやツッパリ、乾燥が改善されないのか。

 

その理由のひとつに「セラミド」があります。

 

今人気&注目されている成分のひとつにセラミドがありますが、これはお肌の保湿成分で、本来体の中で作られているもなのです。

 

が、肌状態によってうまく作り出されないことがあるのです。

 

 

 

そもそも、肌トラブルが起きる原因として「洗いすぎ」があります。

 

優しく洗っているつもりでも、洗浄力が強い洗顔料だったり、マッサージの摩擦が刺激になると、セラミドを守っている美肌菌が減少してしまいます。

 

また、日中の「紫外線や大気汚染」など、肌の敵はたくさんいます。

 

これらの刺激は酵素を働かなくしてしまい、肌の内部にあるセラミドなどのうるおい成分を作り出すことができなくなってしまいます。

 

セラミドは肌の内部に外的が入り込むのをバリアしてくれるのですが、これがなくなってしまうと炎症を起こして改善できず、トラブル肌になってしまうのです。

 

そしてもうひとつ。

 

外的から守ろうとメイクや肌ケアをしても、自分の生活が悪いと意味がありません。

 

ストレスや不規則な生活は肌状態を悪くするだけでなく、再生力も失われてしまうので、乾燥やシミ、しわなど肌の悩みが増えてしまうのです。

 

 

つまり、乾燥を改善したいのであれば『正しいケアと乾燥に負けない肌作りが大切!』ということです。

 

 

ネオちゅらびはだが効かない!?その理由は?

ネオちゅらびはだが効かないと検索で見かけることがありますが、何が効かないのか。

 

ちょっと気になりませんか?

 

この「効かない」とか「効果なし」といわれる理由として、浸透力がポイントになるみたいです。

 

年齢とともに増える肌の悩みを解消することができるはずなのに、全然浸透しない…と感じている人もいるようです。

 

 

では、ネオちゅらびはだが効かないといわれている理由を調べると、定番の使う期間が短いこと。

 

そしてもうひとつが「使い方が間違っている」ことがあります。

 

 

ネオちゅらびはだが効かない人の中には、べたつくのでは?とかコスパを良くしようとして少量にしていると、きちんと浸透しなかったり、うるおい不足になったりします。

 

また、しっかり浸透させた後に気になるところに再度なじませること!

 

肌に浸透しているかってなかなかわかりにくいけど、塗った後に気になる部分があれば重ね付けをしてあげないと足りない部分は足りないままになってしまいます。

 

また、肌表面だけでなく浸透して内側から効果を実感していくのにはある程度の時間がかかるので、目安量を継続して使っていくことが大切です。